保育士への道のり!資格取得から仕事に就くまでを知っておこう!

資格取得方法を考えよう!

保育士になる方法として、保育科などがある大学や短大、専門学校を卒業する方法が知られています。これらの学校を卒業すると保育士資格が得られるため、高校卒業後の進路としてもおすすめです。また、大学や短大の通信教育部で学ぶ方法もあり、仕事や家事などと両立しながら卒業を目指せます。ただし、スクーリングや実習などへの出席が不可欠になることを知っておきましょう。さらに、保育士試験を受験する方法があります。こちらは、保育士を目指す社会人などが受験できることでも人気があります。そのためには、受験資格について事前に確認することをおすすめします。

保育士登録もお忘れなく!

保育士資格を取得した後、保育士の仕事に就くためには「保育士登録」が必要になります。登録には2カ月以上掛かるともいわれていますので、資格取得後は速やかに申請することをおすすめします。具体的な方法については、都道府県サイトや登録事務処理センターサイトなどに案内があります。なお、保育士として働く予定がない人は登録しなくても差し支えありません。また、取得した保育士資格(旧・保母資格)は有効ですので安心してください。

保育士としての仕事先を探そう!

保育士の資格を取得した後、保育士登録が完了すると、保育所をはじめとする児童福祉施設で働く道が開けてきます。その一つ、保育所には地域の公立保育所や私立保育所がありますね。また、保育所を設置する企業や病児保育所のニーズも高まっているため、いろいろな働き方が可能になります。仕事先を幅広く探す方法として、インターネット上の求人サイトがあります。中には、保育士(幼稚園教求人も)に特化したサイトもあるため、保育士の仕事探しに活用するといいですね。

保育士の求人を大阪で探すためには、ある程度の知識が必要とされ、仕事内容や給料などに注目をすることが有効です。