独立開業にお金は必要!資金集めの方法も知っておく

将来の独立を目指して貯金をしておく

大きな会社の社長の中には、結果として社長になった人もいれば、学生のころから会社を作って社長になると決めていた人もいます。ある有名会社の元社長は、資金を集める目的でお金をためやすい運送会社に就職したそうです。もちろん一般の人はそこまでする必要はありません。今働いている会社でコツコツ貯めるようにします。入ってくるお金は限られているので、使うお金を切り詰めます。趣味や娯楽は控えて、食費など贅沢は控えます。

金融機関などを利用して融資を受ける

以前の株式会社といえば、最低資本金として1千万円が必要でした。つまりはそれだけのお金がないと会社を作ることが出来ませんでした。今は資本金に制限はありませんから0円からでも独立はできます。しかし実質的に運営は行えません。独立資金の集め方としては、金融機関から融資を受ける方法があります。銀行や信用金庫、その他ベンチャーキャピタルなどから受けられる場合がります。融資を受けるには、計画などをしっかり示す必要があります。

公的融資制度を活用すして資金を得る

日本は現在はすでに経済成長を遂げています。そのため、さらに成長するにはもっと若い人の力が必要です。これまでは独自に努力が必要でしたが、資金的な援助を公的な機関が行ってくれる場合があります。まずは政府系金融機関からの融資があります。さらに、地方自治体ごとに創業者支援の仕組みがあります。各商工会議所などでも特別な融資制度を設けてくれている場合があります。大学などに在籍していれば、学内の起業プログラムを利用できます。

開業とは、新しい商売を始めることや、現にそれを行っていることをいいます。反対語に、閉業があり、行っている商売を行わないことをいいます。